何より大切な『食』だから。

バオの中医学に

またひとつ

新しいツールが。

何より大切な『食』だから。

バオの中医学に

またひとつ

新しいツールが。

何より大切な『食』だから。

バオの中医学に

またひとつ

新しいツールが。

扉のむこうには何がありましたか?

扉のむこうには何がありましたか?

扉のむこうには何がありましたか?

まだまだしてあげられることが

ありましたよね。

鍼治療漢方処方という

中医学的なアプローチが。

そして、、、

 

まだまだしてあげられることが

ありましたよね。

鍼治療漢方処方という

中医学的なアプローチが。

そして、、、

 

まだまだしてあげられることが

ありましたよね。

鍼治療漢方処方という

中医学的なアプローチが。

そして、、、

 

食べることは生きること

生きることは食べること

食べることは生きること

生きることは食べること

食べることは生きること

生きることは食べること

食 医 同 源

食医同源(医の源は食にある)は中医学の基本的な考え方です。

中医学の古典『黄帝内経』に「五穀は五臓を養い、五果は五臓のはたらきを助け、五畜は五臓を補い、五菜は五臓を充実させ、これらの食材をバランスよく食べれば体の精気を補うことができる」とあり、食材には体を丈夫にする医療作用があると述べられています。

食 医 同 源

食医同源(医の源は食にある)は中医学の基本的な考え方です。

中医学の古典『黄帝内経』に「五穀は五臓を養い、五果は五臓のはたらきを助け、五畜は五臓を補い、五菜は五臓を充実させ、これらの食材をバランスよく食べれば体の精気を補うことができる」とあり、食材には体を丈夫にする医療作用があると述べられています。

食 医 同 源

食医同源(医の源は食にある)は中医学の基本的な考え方です。

中医学の古典『黄帝内経』に「五穀は五臓を養い、五果は五臓のはたらきを助け、五畜は五臓を補い、五菜は五臓を充実させ、これらの食材をバランスよく食べれば体の精気を補うことができる」とあり、食材には体を丈夫にする医療作用があると述べられています。

  • 『薬膳』というコトバは

    『薬膳』というコトバは今から約2千年前に書かれた『後漢書』の中に初めて記されました。

  • 『薬膳』は、

    『薬膳』は、中医学の理論に従って食材や中薬を用い、健康の維持と増進、病気の予防・治療・回復などを目指して進化してきました。

  • 『薬膳』の目的は、

    『薬膳』の目的は、生気の補養、邪気の除去、陰陽の調和

  • 陰陽思想

    陰陽思想中医学では、陰陽のバランスという考えが根底にあります。

  • バオの『薬膳』

    バオの『薬膳』中医学の考え方をベースに、漢方・鍼灸、そして第3のツールとしての『薬膳』

  • バオの『薬膳』

    バオの『薬膳』西洋医学の栄養学も融合させて進めていきます。

  • バオの『薬膳』

    バオの『薬膳』中西融合獣医療だから、できること。

『薬膳』

  • 『薬膳』というコトバは

    『薬膳』というコトバは今から約2千年前に書かれた『後漢書』の中に初めて記されました。

  • 『薬膳』は、

    『薬膳』は、中医学の理論に従って食材や中薬を用い、健康の維持と増進、病気の予防・治療・回復などを目指して進化してきました。

  • 『薬膳』の目的は、

    『薬膳』の目的は、生気の補養、邪気の除去、陰陽の調和

  • 陰陽思想

    陰陽思想中医学では、陰陽のバランスという考えが根底にあります。

  • バオの『薬膳』

    バオの『薬膳』中医学の考え方をベースに、漢方・鍼灸、そして第3のツールとしての『薬膳』

  • バオの『薬膳』

    バオの『薬膳』西洋医学の栄養学も融合させて進めていきます。

  • バオの『薬膳』

    バオの『薬膳』中西融合獣医療だから、できること。

『薬膳』

  • 『薬膳』というコトバは

    『薬膳』というコトバは今から約2千年前に書かれた『後漢書』の中に初めて記されました。

  • 『薬膳』は、

    『薬膳』は、中医学の理論に従って食材や中薬を用い、健康の維持と増進、病気の予防・治療・回復などを目指して進化してきました。

  • 『薬膳』の目的は、

    『薬膳』の目的は、生気の補養、邪気の除去、陰陽の調和

  • 陰陽思想

    陰陽思想中医学では、陰陽のバランスという考えが根底にあります。

  • バオの『薬膳』

    バオの『薬膳』中医学の考え方をベースに、漢方・鍼灸、そして第3のツールとしての『薬膳』

  • バオの『薬膳』

    バオの『薬膳』西洋医学の栄養学も融合させて進めていきます。

  • バオの『薬膳』

    バオの『薬膳』中西融合獣医療だから、できること。

『薬膳』

Dr.BAO

SATORU SHIBAO

獣医師

薬膳コーディネーター(本草薬膳学院)

Dr.BAO

SATORU SHIBAO

獣医師

薬膳コーディネーター(本草薬膳学院)

Dr.BAO

SATORU SHIBAO

獣医師

薬膳コーディネーター(本草薬膳学院)

 BAOの『薬膳』とは

何より大切な『食』を考えるということ

病気に合った処方食という考え方がいままでの主流ならば

かわいいパートナーのために少しだけ手間をかけられるという方のために

西洋栄養学と中医薬膳学を融合したご提案を。

今はまだ、Dr.BAOは包丁は持ちませんが、

中医薬膳学をベースにした考え方をもとに

あなたのかわいいパートナーのために

食材や調理法などのご提案をいたします。

 BAOの『薬膳』とは

何より大切な『食』を考えるということ

病気に合った処方食という考え方がいままでの主流ならば

かわいいパートナーのために少しだけ手間をかけられるという方のために

西洋栄養学と中医薬膳学を融合したご提案を。

今はまだ、Dr.BAOは包丁は持ちませんが、

中医薬膳学をベースにした考え方をもとに

あなたのかわいいパートナーのために

食材や調理法などのご提案をいたします。

 BAOの『薬膳』とは

何より大切な『食』を考えるということ

病気に合った処方食という考え方がいままでの主流ならば

かわいいパートナーのために少しだけ手間をかけられるという方のために

西洋栄養学と中医薬膳学を融合したご提案を。

今はまだ、Dr.BAOは包丁は持ちませんが、

中医薬膳学をベースにした考え方をもとに

あなたのかわいいパートナーのために

食材や調理法などのご提案をいたします。

もう一度

かわいいパートナーの

『食』を考えてみませんか

もう一度

かわいいパートナーの

『食』を考えてみませんか

もう一度

かわいいパートナーの

『食』を考えてみませんか